サラリーマンも自衛業で身を守る時代-リストラ・給料カットに負けない成功法則
給料賃金カット、賞与もカット、不安定な身分のサラリーマン。リストラに備える ためには。サラリーマンも自衛業で自分の守る時代になってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

確定申告とハローワークと英語と株式会社

間もなく、確定申告期間が始まります。自営業者や高額給与所得者などは確定申告することになっています。医療費などで相当額の治療代がかかった家庭でも、確定申告することで税金が戻ってきます。
卑近な例では、中小零細企業のサラリーマンである僕などが確定申告に行ったのは、やっとのことで借りた住宅ローンの住宅取得控除を受けるためでした。生まれて初めて税務署へ行って、居並ぶ担当官の前に座って、書類をチェックしてもらったり、ここはこう書くんだと教えられたり、緊張したものでした。
その年以来5年間ですか、数十万円お金が戻ってきました。
借金まみれの家庭にとって、そのお金はとても貴重で、ミルク代に充てました。
今から12年も前のことですが、一向に住宅ローン残高が減っていない実感があります。社会保険料負担の重圧が近年増しています。ハローワークへ行っても、なかなか正規職員の募集はないということです。本当に小泉内閣は、臨時派遣社員をものの見事に増やしてしまいましたね。家庭が家族がこれでは成り立ちません。
我が家の上の子は大の英語が苦手。親の僕は昔から英語が得意でした。小さいころから外国へ行ってみたいと思っていたこともあって、英語には人一倍興味があったのでしょう。学生のとき、初めて行ったグァム、サイパンでは英語が話せて感激したことを覚えています。船旅でした。イギリス船籍のコーラルプリンセス号です。バイトして溜めたお金で行きました。
前の会社の友人が3月に独立するそうです。株式会社を作るのかどうかは聞いていませんが、いよいよ会社に見切りをつけたようです。新会社法の施行で、いま株式会社は1000万円の資本金がなくても設立できるようです。その代わり、有限会社を設立したくても、できなくなってしまいました。株式会社を作らなくても、個人事業主としてやっていく分には、独立に代わりはありません。
スポンサーサイト
【2007/02/13 16:24】 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

イチカワライゾー
  • Author:イチカワライゾー
  • FC2ブログへようこそ!

    東京タワーが完成した年に生まれました。

    毎日厳しい状況が続いています。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。