サラリーマンも自衛業で身を守る時代-リストラ・給料カットに負けない成功法則
給料賃金カット、賞与もカット、不安定な身分のサラリーマン。リストラに備える ためには。サラリーマンも自衛業で自分の守る時代になってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

卒業式と大森南朋とアニセーアルヴィナと川内健康

 卒業式シーズンですね。今日、午前中用事があって、六本木へ行ってきましたが、高校生がぞろぞろ歩いていました。終業式なのか卒業式なのかわかりませんでしたが、今日で一旦区切りが付いたのでしょう。卒業といえば、ダスティン・ホフマンの卒業ですね。サイモトとガーファンクルの。あの歌は、大学受験の時に、深夜のラジオ番組から流れていたことだけは鮮明に覚えています。
 
 ところで、あのフレンズの可憐な演技をしたフランスの女優・アニセーアルヴィナさんが、昨年逝去されたそうです。まだ若かったはずです。52歳だったそうです。中学か高校生の頃、ロードショーという映画雑誌を見て、フレンズなる映画があることを知りました。でも、実際に見ることはできませんでした。
 
 ハゲタカ・外資をテーマにしたドラマで、一躍注目を浴びているのが、大森南朋という俳優。これまで、パッとした配役には恵まれて来なかったそうだが、今回はまさにハマリ役との声が聞こえて来る。
  
 森進一の改作に怒り、一切同氏の作詩した歌を唄うことを禁じた川内康範氏。しかし、何故改作しなければならなかったのか。演出に走りすぎたからかもしれない。あの歌は、特にセリフを入れなくても十分に説得力があり、人のココロを動かす名曲だ。いつしか、自分の歌だと思い込んでしまったのかもしれ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

イチカワライゾー
  • Author:イチカワライゾー
  • FC2ブログへようこそ!

    東京タワーが完成した年に生まれました。

    毎日厳しい状況が続いています。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。