サラリーマンも自衛業で身を守る時代-リストラ・給料カットに負けない成功法則
給料賃金カット、賞与もカット、不安定な身分のサラリーマン。リストラに備える ためには。サラリーマンも自衛業で自分の守る時代になってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

社会保険事務所の11月の土日相談日が公表されましたね

 消えた年金-の相談をしている社会保険事務所の11月の土日の相談日が公表されましたね。
消えた年金の次は将来の厚生年金の額を決めるサラリーマンの標準報酬月額の改ざん問題で、また社会保険庁が注目を浴びています。

 この社会保険庁というお役所の仕事の体たらくぶりは本当に底無しの状態ですね。どこまでいけば治るんでしょうか。殆ど治らないでしょうね。というより、もうすぐ組織が解体され、日本年金機構という組織に衣替えです。誰も責任をとらないんですね。国民のための組織なのでしょうか。

 さて、社会保険庁の全国実質的な地方の窓口となる社会保険事務所の土日の営業日が公表されました。消えた年金の責任があるのですから、土日くらい返上して働いて欲しいものです。国民の年金を預かる組織としては、不安感を増幅させる組織ですね。ところで、本筋ですが、11月の土日の相談日は1日、2日、8日、9日、15日、16日、22日、23日、29日、30日の各土日で、相談受付時間は午前9時30分から午後64時までとなっています。

 また、ねんきん特別便専用ダイヤルも社会保険事務所と同様、土日も受け付けています。受付時間は午前9時から午後5時までとなっています。

 それにしても、サラリーマンの老後の大切な厚生年金の年金額の多寡を決める、標準報酬月額を勝手に改ざんしていた問題は、本当に由々しき問題です。役人の保身のためにやったことですが、サラリーマンにとっては、生涯もらえる年金額が低くなるわけですから、本当に笑えない話です。どうしてくれるんだ、ですよ。標準報酬月額が改ざんされて減額されていたとなると、厚生年金だけではなく、厚生年金基金に加入していた場合は、基金の年金も低くなってしまうということですね。

 自民党の監督不行き届きだけでは済まない話ですね。これまで、年金はさんざん政争の具にされてきましたから。改正に次ぐ改正で寄せ木細工ではないですが、難しくなってしまいました。
ところで、ねんきん特別便は皆さんに届きましたでしょうか。自分の年金記録はしっかりチェックして、将来の年金の受給漏れを無くさないといけません。


スポンサーサイト
【2008/10/15 19:26】 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

イチカワライゾー
  • Author:イチカワライゾー
  • FC2ブログへようこそ!

    東京タワーが完成した年に生まれました。

    毎日厳しい状況が続いています。
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。